取引通貨間の金利差がスワップポイント(金利)です。
例えばドル/円の場合、ドル(高金利通貨)の買い手は、ドルと円の金利差を受け取ることが出来ます。

現在、円の金利は実質ゼロ金利である一方で、ドルを含むほとんどが円よりも高い金利となっています。 このため、円を売って、外貨を購入すると、借りている円に対して支払う金利より、購入した外貨の金利の方が多いため、その金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。

このため、場合によっては、外貨を買ったのに円高となって損をしたとしても、スワップポイントの方が大きくて、結果として儲かるということが起こります。

なお、スワップポイントはデイトレードでは発生しません。