マージンカット/自動ロスカットとは、口座に預けている証拠金が、取引額に対してある一定の割合以下になった場合に、自動的に全ての取引を決済してしまうことです。
(この割合は取引会社によって異なります。)

つまり、為替変動によって損が増えてきた時に、もうこれ以上損が増えると証拠金が不足してしまいそうな状態になると勝手にシステムが全ての取引を決済してしまうのです。

この機能により、投資家が大きな損失を受けることを防いでいるのですが、一方では、証拠金が少ない状態で取引を続けていると、自分としては、もう少しすると状況は好転するはずだと思って我慢するつもりだったのに、思わぬところで決済されてしまい、損が確定するということになりかねません。 このため、証拠金は余裕を持って預けておく必要があります。

なお、この仕組みは、取引会社がリスクをヘッジするための仕組みでもあり、これがあるから、大きなレバレッジでの投資が可能となっているのです。